TOEIC対策:TOEIC900点を約1万円でクリアする

TOEICは低予算で攻略できます

私のスコア獲得歴

日本では大学生や社会人のTOEICに対する関心は高いですよね。このTOEICですが低予算&短期間で800位はクリアできますよ(むしろ結果を出すには短期集中で取り組むべきです。)。私も以前に何度か受けたことがありまして、大学生の頃に集中的に受験対策をしたことがあります。大学時代に900を突破してからは安定して920~940位をうろうろしていました。3年前に久しぶりに試しに受けた時には、945を取得しています。傾向が変わっているという話を聞きながらも対策はしていなかったこと、後半のタイムマネジメントで失敗してしまったこと。この2つがあっての結果ですので決して悪くはないと納得しています。

一般的にTOEIC高得点者と呼ばれる私ですが、もともと英語が得意だったわけではありません。高校2年生を前にして英検3級に落ちるレベルでした。その後、海外留学をさせてもらう機会に恵まれましたが、帰国後に初めて受けたTOEICが470点。この点数はショックだったのでハッキリと覚えています。それが悔しくて勉強をして半年後に受けた結果が550くらいだったように記憶しています。

具体的な対策は?

効果的な教材を使えば低コストで問題なくスコアを獲得できるハズです。弱点を分析して、それに対するアプローチをするだけです。

TOEICは点数の壁が何度も立ちはだかる試験で、私は点数帯によって克服するべき弱点が比較的はっきりしていました。ちなみに単語の暗記が大嫌いで、TOEIC用の単語の勉強は最後までやらずじまいでした。600~700位であれば英検3級くらいの語彙からスタートしても、模試と基礎文法を固めれば難しくありません。必要な語彙は勉強の過程で自然と覚えてしまいます。

まずは自己分析

私の場合は、このように3つくらいの段階がありました。

【ステップ1】

・400~600点台 実は文法が分かっていない段階。分からない単語多数。リスニングはだいたい単語を拾って答えられる問題に正解してるだけ。

【ステップ2】

・700~800点台 文法は自信が出てくるが、複雑な文になるとフリーズ。全体的に処理が遅い。リスニングの伸び悩みも感じる段階。

【ステップ3】

・900点台 TOEICの点数が過大評価だと認識する段階。やっと英語の中級ユーザー。とにかく英語を使うこと。そろそろTOEICでは実力を測りきれない領域に突入。

メモ

ステップ1もステップ2も克服するのに「3ヶ月くらい短期集中で猛勉強」して一気に突破しています。参考書もトータルで1万円くらいの費用ですみましたが、短期集中がカギだと思います。一日の目標設定をしっかりすること。量より質のイメージの意識が大事です。アプローチさえ間違えなければTOEICは1万円程度の予算で900点クリアできる試験です。

そして対策開始

私が対策した事を段階別に分けるとこの様な感じです。

【ステップ1】

文法も弱いし単語も弱い。英語を使って英語で考えることにも慣れないといけない。弱点が多すぎてどこから手を付けるべきか分からなかったので、英語で書かれたESL向けの文法問題集をやることにしました。今となっては有名なGrammar in Use Intermediateです。これを2ヶ月くらいで全部終わらせました。あとはアルクから出版されている模擬試験を2週くらい。単語は問題集に出てきた知らない単語だけを確認しました。これで720までいきました。ここまで費用は5,000円くらいです。しかし・・・最近は値段が少し上がりましたね。

Grammar in Use Intermediate with Answers, authored by Raymond Murphy, is the first choice for intermediate (B1-B2) learners of American English and covers all the grammar required at this level. It is a self-study book with simple explanations and lots of practice exercises.
『非公式問題集 至高の400問』待望の増補版出来!1模試増えてさらにリアルに、さらに便利に。究極にして至高の 新形式対応模試。日本のTOEIC研究をリードする3人の講師が、新形式テストの姿を完全反映

【ステップ2】

ここら辺から細かい知識の整理や本質的なリスニング力の強化をしています。やったことは主に3つ。文法対策として石井辰也のTOEIC TEST文法別問題集780問。この問題集のおかげで英文を文法的に分析できるようになりました。リスニング対策は好きなアニメを数話まるまるディクテーション。最近だとneflixやYoutubeで安価に抑えられますね。かなり余裕を持って聞き取れるようになりましたよ。単語の丸暗記が嫌いだったので、単語の勉強にInstant Word Power。Instant Word PowerはTOEICの単語強化には全く役に立ちませんでしたが、読解力が猛烈アップしました。これで930あたりまでいっています。ここで費用は5,000~6,000円くらいでしょうか。

※リスニング強化の良い副作用が出ました。英文が流れている途中で正答が分かることが増えた結果、次の問題文を先読みして準備する時間ができました。これが好循環を生んでスコアが一気に伸びました。

TOEIC(R)TEST全国1位の英語講師が、指導現場で実際に使い100点、200点upの成果をあげた、効果実証ずみの良問全780問!!使いやすい[別冊問題集]方式
Scientific surveys have shown that academic, social, and professional advancement are directly linked to the scope and effectiveness of your vocabulary. Now, vocabulary-building expert Norman Lewis opens a wonderful new world to you—the world of word power.

【ステップ3】

この段階になると普段から英語を使ってツールとしての精度を上げていくしかないのかなと思います。基本的なコミュニケーションには問題はほとんどないので、耳に入ってくるフレーズを自分も使うことなどができますね。個人的にはTOEIC900点台と言っても、900点ギリの人と950以上の人では点数の差から受ける印象以上に運用力の差がある印象を受けます。目指すところは950以上に設定してコツコツと英語の勉強を継続ですね。

スコア取得後の感想

英語教員になるのでなければ、TOEICに時間をかけすぎるのはあまり良いことではないと思います。発音に関しては通じない部分だけ直せば良いと思いますよ。英語は世界言語。ネイティブぽい発音にするために時間とお金をかけるなら、他のスキルを磨く方にエネルギーを振った方が生産的です。

英語でできる何かを開発することで高い英語力がさらに輝きを増しますよ。 私が高スコアを取得するために立てた対策がお役に立てば嬉しいです。

-スポンサーリンク-

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です