Tax Return: 実践タックスリターン(ワーホリON編!)

ワーホリ ON州 2020年版(2019年度)

この記事ではケーススタディとしてワーホリの方のタックスリターンを扱います

ちなみに2019年度よりSchedule1(国税)がT1のStep5に統合されています

基本は変わらないため、下の記事で「タックスリターンの全体像」を読んでから本記事を参考モデルとして利用すると効果的です

Tax Return:実践タックスリターン(留学生BC編!)

モデルケース

缶智子さんはワーホリで1年間(2019年)トロントでフルタイム就労しました。彼女は不動産会社を通じて賃貸物件を借り、JPカナダの掲示板を通じて知り合った日本人とルームシェアをしました。ルームメイトとは部屋から受け取った金額はトータルで$6,000ドルになりました。ルームメイトとの契約は通信費込みのため、智子さんはWifiに年間で$1,200のコストを支払う必要がありました。智子さんはカナダに到着してすぐにRBCのGICを購入しており、12月末に満期を迎えたGICから$100の金利収入を得ました。2020年の2月になり智子さんは雇用主からT4を受け取り、RBCの自分のオンラインアカウントからT5をダウンロードしタックスリターンに必要な書類が揃いました。

※2019年度のレートは次の通りです ▶ CPP rate = 5.10%, EI rate = 1.62%

※今回のケースでは、Rental Incomeが多いため追加で納税の義務が発生しています。

T4とT5

【T4】

Employment Income: $30,000.00

CPP Contribution: $1351.50

EI Premium: $486.00

Income Tax Deduction: $3,200

【T5】

Interest From Canadian Sources: $100.00

 

T1 General (S1国税含む)

can-tomoko_t1gen

Form ON428 (州税)

can-tomoko_428on

T1 Schedule 8

can-tomoko_s8onb

T1 Schedule 14

can-tomoko_s14on

T776(家賃収入)

can-tomoko_t776

※CCA, Recapture, Terminal lossは自己所有物件かつ、ある条件を満たした場合に調整します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です