カナダ生活情報:仕事の見つけ方

求人は多いです

カナダでも勤勉だと言われる日本人。しかし、いざ仕事を始めようと思うとなかなか簡単には見つからない場合がありますよね。心配はいりません。英語力の要求が高くない仕事はたくさんあります。

日本人が出来そうな仕事の求人広告はオンラインに沢山ありますし、うまく人脈を使うことが出来れば確実に仕事が見つかる場合だってあります。カナダでは経験さえ積めば良い流れができる印象があります。

背伸びしすぎないことも大切

いきなり高い英語力を求められる仕事をすることは難しいです。少しずつステップアップしていくのが良いと思いますよ。もし色々なテクニックを使って仕事を得ることができても、コミュニケーションが成り立たないと雇用主も被雇用者も不幸になってしまいますからね。(英語とスキルの両方をレベルアップしましょう!)

どんな職種がある?

英語力の要求が高くない仕事で、私や私の周囲の人たちが最初にやっていたものを紹介します。

  • Dishwasher
  • Linecook
  • Cleaner
  • Installer / General labor
  • Food Server
  • Stocker

どうしても肉体労働系が多めになりますね。日本人だと日本食レストランの "food server" からスタートする方が多いようです。英語が分からなくて困ったときに、日本語でヘルプを求められるというのは大きそうです。接客業なので、英語を使うチャンスも多いこともメリットです。

州別に労働規定を一覧にしたので、こちらも良かったら参考にしてください。

オンライン求人

私もたまに使うオンライン求人ですが、以下のサイトがメジャーですね。

  1. Indeed
  2. Job Bank
  3. Glassdoor

craigslistやkijijiでの求人広告は胡散臭いものが混ざっているので、個人的にはオススメできません。Job Bankは政府系のサイトなので一番安心感はあると思います。パートタイムの仕事を気軽に見つけられるのはIndeedでしょうか。

カナダで仕事をして感じたこと

なるべく考えは素直に言った方が良いと思いますよ。昇給を望む場合は、給料の交渉はやっていきましょう。具体的なスキルと貢献内容を説明できると◎です。あとコミュニケーション時に語彙力の高さがとても大事ですね。私なんかの場合、dollyとかskidとか学校では習うハズもなく「ん?」となりました。例文豊富な辞書は1つ持っておくと良いかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です