労働規定一覧

以下の表は州別に労働に関する規定をまとめたものです。州政府ごとに内容の見直しが行われるため、全てを正確にフォローするのは難しいです。必ずご自身で州政府の公開情報を確認するようにしてください。


最低賃金

*リカーサーバーなど例外となる職種があります。
州名 時給 As of
Alberta $15.00 Dec 25,2019
British Columbia $13.85* Dec 25,2019
Manitoba $11.65* Dec 25,2019
New Brunswick $11.50 Dec 25,2019
Newfoundland and Labrador $11.40 Dec 25,2019
Northwest Territories $13.46 Dec 25,2019
Nova Scotia $11.55 Dec 25,2019
Nunavut $13.00 Dec 25,2019
Ontario $14.00* Dec 25,2019
Prince Edward Island $12.25 Dec 25,2019
Quebec $12.50* Dec 25,2019
Saskatchewan $11.32 Dec 25,2019
Yukon $12.71 Dec 25,2019


Over Time

州名 規定
Alberta 1.5倍。8hrs/d,44hrs/wをベースに計算し高い方を採用。
British Columbia 1.5倍(8~12時間目)、2倍(12時間目以降)。労働時間が40hrs/wを超えた場合に超えた時間給を1.5倍する(1日の勤務時間は8時間だが、労働日が6日あったケースなど)。
Manitoba 1.5倍。8hrs/d,44hrs/wをベースに計算し高い方を採用。
New Brunswick 最低賃金の1.5倍か現在の時給の、どちらか高い方を44hrs/wを超えた時間に適用。
Newfoundland and Labrador 1.5倍。40hrs/wを超えた時間に適用。
Northwest Territories 1.5倍。8hrs/d,40hrs/wをベースに計算し高い方を採用。
Nova Scotia 1.5倍。48hrs/wを超えた時間に適用。
Nunavut 1.5倍。8hrs/d,40hrs/wをベースに計算し高い方を採用。
Ontario 1.5倍。44hrs/wを超えた時間に適用。
Prince Edward Island 1.5倍。48hrs/wを超えた時間に適用。
Quebec 1.5倍。40hrs/wを超えた時間に適用。
Saskatchewan 1.5倍。8hrs/d,40hrs/wをベースに計算し高い方を採用。
Yukon 1.5倍。8hrs/d,40hrs/wをベースに計算し高い方を採用。

EI/CPP*

CPPは基本給から"$3,500(Basic Exemption)÷ Total Pay Periods(年間給料日)"を引いてから計算します。例えば給料日がBiweeklyであれば、年間の給料日は26回なので$3,500÷26=134.61です。基本給が$1,000の場合、計算式は(1000-134.61)x0.051となり、$44.13が給料から天引きされることになります。 常に年初から働き始めたと仮定して計算して問題ありません。このケースだとEIは$1,000に1.62%をかけて計算します。雇用主は天引きしたEI/CPP/所得税をCRA(カナダ国税庁)に納める義務があります。意外とルールを理解していない雇用主がいるので注意しましょう。 *ケベック州では加えてQPIP(0.526%)が引かれます。
**2019年度のEI/CPPの上限額は$860.22/$2748.90です。
州名 EI Rate CPP Rate
Alberta 1.62% 5.10%
British Columbia 1.62% 5.10%
Manitoba 1.62% 5.10%
New Brunswick 1.62% 5.10%
Newfoundland and Labrador 1.62% 5.10%
Northwest Territories 1.62% 5.10%
Nova Scotia 1.62% 5.10%
Nunavut 1.62% 5.10%
Ontario 1.62% 5.10%
Prince Edward Island 1.62% 5.10%
Quebec 1.25% 5.55%(QPP)
Saskatchewan 1.62% 5.10%
Yukon 1.62% 5.10%

Statutory Holiday

Stat Holidayは全ての州をカバーすると情報量がかなり多くなるので、以下の州に絞って紹介します。アルバータ(AB)、ブリティッシュコロンビア(BC)、マニトバ(MB)、サスカチュワン(SK)、オンタリオ(ON)、ケベック(QC)。 *QC州ではVictoria DayはPatriots Dayとなっている。またGood FridayかEaster Mondayのどちらか1つのみ。
*MB州ではRemembrance Dayは有給はでないが、休日を取ることができる。出勤した場合、その日の給与は1.5倍。
Stat Holiday AB BC MB SK ON QC
New Year's Day: Jan. 1
Family Day: Feb. 2nd Mon
Family Day: Feb. 3rd Mon
Louis Riel Day: Feb. 3rd Mon
Good Friday: Apr. ✓*
Easter Monday
Victoria Day*: May. 3rd Mon
National Holiday: Jun. 24
Canada Day: Jul. 1
BC/SK Day: Aug. 1st Mon
Labour Day: Sept. 1st Mon
Thanksgiving Day: Oct. 2nd Mon
Remembrance Day: Nov. 11 ✓*
Christmas Day: Dec. 25
Boxing Day
Total 9 10 9 10 9 8

Vacation Pay

Vacation Payは休暇を取る際に受け取るとされていますが、実際は休暇を取らずに Payを受け取るというケースもあるようです。もし退職する場合、雇用主は未使用のVacation Payを全て支払わなければならないと労働基準法で定められています。 *ユコン準州を除き勤続年数が一定水準を超えると、休暇とペイが1週間分増えます。
州名 期間 使用期限 Vacation Pay
Alberta* 2 wks, or 3 wks after 5yrs 12 months 4%, or 6% after 5yrs
British Columbia 2 wks, or 3 wks after 5yrs 12 months 4%, or 6% after 5yrs
Manitoba 2 wks, or 3 wks after 5yrs 10 months 4%, or 6% after 5yrs
New Brunswick 2 wks, or 3 wks after 8yrs 4 months 4%, or 6% after 8yrs
Newfoundland and Labrador 2 wks, or 3 wks after 15yrs 10 months 4%, or 6% after 15yrs
Northwest Territories 2 wks, or 3 wks after 6yrs 6 months 4%, or 6% after 6yrs
Nova Scotia 2 wks, or 3 wks after 8yrs 10 months 4%, or 6% after 8yrs
Nunavut 2 wks, or 3 wks after 6yrs 6 months 4%, or 6% after 6yrs
Ontario 2 wks, or 3 wks after 5yrs 10 months 4%, or 6% after 5yrs
Prince Edward Island 2 wks, or 3 wks after 8yrs 4 months 4%, or 6% after 8yrs
Quebec 2 wks, or 3 wks after 5yrs 12 months 4%, or 6% after 5yrs
Saskatchewan 3 wks, or 4 wks after 10yrs 12 months 3/52, or 4/52 after 10yrs
Yukon 2 wks after 12 mths 10 months 4%