学校

カナダに来られる方の多くは何かしらの形でこちらの教育を受けることになるかと思います。語学学校でESLに通う方の多くは英語力を伸ばすことに集中されますので、英語という言語の難しさが悩みになるのではないでしょうか。 英語学習法については情報が溢れていますから、このページではカナダの大学で勉強をされる方に役立ちそうな情報の共有をします。ただでさえストレスが大きくなりがちな異国で、必要以上のストレスで折角のカナダを楽しめないのは残念です。 役に立ちそうな情報があれば、ピックアップして利用してください。内容は、良い先生(授業、情報開示、試験内容、成績評価の透明性から判断)の探し方ですとか、良い成績を残すためのコツといったものになります。

まだカナダで進学する学校を決めていない方には、こちらのカナダの大学一覧表が役に立つかもしれません。


先生の評判

irasutoya

Rate My Professorというサイトは人脈がない時の情報収集に役立つかもしれません。いい加減な評価も含まれるので信頼しすぎるのは危険ですが。評価件数が少ない先生の場合は、高評価は注意して見ると良いかと思います。 特に人柄や馬鹿な仮定(一般選択科目だが受講生徒に一定の専門知識があることを前提としている等)に基づく評価は差し引いて考えるが吉です。こちらの大学ではBlackBoardという生徒用のアカウントを利用して、レポートを提出したり資料をダウンロードしたりします。 このBlackBoardに資料をあまりアップロードしない先生は注意した方が良いかもしれません。パワポを勉強すれば心配がいらないという先生は楽な傾向があります。


グループプロジェクト

海外と言えばグループプロジェクト。レポートの作成や発表(時には両方)をすることになります。しかし厄介な問題になる場合があり、 不幸にもメンバーに恵まれないと成績の足を引っ張られてしまう可能性があります。 仲の良い友人と一緒にタッグを組むと上手くいきやすいので、クラスで人間関係を作れると強いですよ。


Test Bank

出版社が提供する試験向けの問題集をTest Bankと呼ぶのですが、これをそのまま利用する先生は試験対策が非常にしやすいです。こちらでは教科書の練習問題に答えが付いていないことが多く、その解答集は"Solution Manual"と呼ばれます。コストがかかる場合がありますが、どちらもネットで手に入るので練習問題をガツガツやって備えたい人には有益です。


オンライン講座

udemy

YoutubeやUdemyで役立つ動画が多数公開されています。学校の授業で行き詰った時には、これらを利用するのも効果的です。私自身も非常に助けられた経験があります。経済学をやる方にはACDCEconの動画は超おススメです。


教育テクノロジーサイト

chegg

教育者や学生が情報を提供しあっているサイトで、学習に役立つツールが揃っていて学校名や科目を指定して過去問や授業ノートなどを得ることもできます。CheggやCourse Heroが有名です。残念ながら有料ですが、欲しいどストライクの情報が即座に見つかる事も少なくありません。


GPA

irasutoya

生徒数が多く競争率の高い学校だと、GPAが高い生徒が優先的にコース登録をすることができる制度の場合があります。生徒間で情報がシェアされているので、良い授業はすぐに座席が埋まってしまいます。GPAを高い状態で維持すると良いサイクルが生まれやすいです。